2018/04/19 16:00

こんにちは!

HOLON SOUNDS STAFFです。

PES、副島ショーゴ、
音楽ライター+編集者の猪又孝さんとの
インタビュー最終章です。


+++++





サウンドのこだわりとCharlieの行方

 

——2曲目「Jellyfish」は、どんなキッカケで、いつ頃生まれた曲ですか?


ショーゴ:これは去年ですね。Charlieを始めるっていうときに、僕が1ヶ月半くらいで20曲くらい作ってPESさんに送ったんです。そしたら「多いよ、これ。どれからやっていいかわかんない」みたいに言われちゃって(苦笑)。そのときに「でも、これだけは先にやらないですか?」って提案したものが、今の「Jellyfish」になったんです。


——曲をつくるときにイメージしていたサウンド像は?


ショーゴ:今の音楽シーンというかトレンドにPESさんの声を入れたら面白くなるだろうなと思って作ったんです。で、PESさんから送り返されたものを聞いたら、ボーカルにオートチューンが使われたんですけど、それはそれでいいなと思って、僕が残りのアレンジを進めていったんです。だから、歌詞のテーマとかは全部PESさんからの発信ですね。


——音作りで、いちばんこだわった部分は?


ショーゴ:スネアです。スネアのカーンっていう音。鹿威しの音を使いたくて、鹿威しの音をいろんなところで探しまくって、100個くらい鹿威しを聞いたんです。カーン、カーンって。で、「これだ!」っていうのを見つけて、それをサンプリングして、グッとコンプをかけて使ったんです。


——イマドキのメロディックなTrapEDMの要素を掛け合わせたトラックですが、バンドサウンドのニュアンスも感じたんです。


ショーゴ:ありがとうございます。実はそれも意識てたんです。それがもう1個のスネアで、そっちはバンドっぽいスネアなんですよ。だから、この曲でこだわったのは本当スネアなんです。


——歌詞はどんなところから着想を得て書いたんですか?


PES:事務所に置いてある熱帯魚が泳いでる水槽を見ながら、熱帯魚みたいな曲を書きたいなと思って。「漂ってんな、こいつら。いいなぁ」って(笑)。水槽の角に行ってみたり、上に行ってみたり、底に行ってみたり。考えてみれば、僕らも吞みに行って漂ってるじゃないですか。吞んで話してても結論なんか出ないし、漂いに行ってるなと。だから、相変わらずの“吞みに行くソング”ではありますけど、昔みたいな「よし!吞むぞ!」っていうよりは「なんとなーく遊んでる、漂ってまーす」っていうことを書いたんです。だから、最初は「熱帯魚」っていう仮タイトルだったんですよ。そのうちそれが「金魚」になって、最後はクラゲがいいなと思って、こうなった。


——CD3曲目に入ってる「Into You」はサウンドの質感が他2曲と違いますね。


PES:今回、歌の比重が多くなっちゃったと思って、最初はインストを作って3曲目に入れれば?ってショーゴに言ってたんです。


ショーゴ:PESさんちでその話をしてたときに、ダブステップみたいなのをかけられて「こういうの、入れない?」って言われたんですよ。「だったら昨日作りましたよ」って話したら「それでいい」って話になって。


PES:だから、これはもう完全にショーゴに任せてたんですけど、後日ショーゴから「スキットみたいな感じで現場でかけられるものを作りたい」っていうオーダーが来て。しかも「声、入れてください」って言うから、ちょっと入れて送り返したら、もう全面的につかいやがって(笑)。


——資料によると「Into You」は、次作に繋がるような曲だそうですが、こういう質感のサウンドプロダクションを考えているということですか?


ショーゴ:サウンドプロダクションというより、俺の中でPESさんって夏。ちょっとTUBE感があるというか(笑)、PESさんの声って夏が合うと思うので、夏っぽいものを作りたいと思ってます。僕も明るい性格で、PESさんも明るいと思うんですけど、お互い根暗な部分がある気がしていて、今回はその根暗な部分が出てるなと思うんです。で、根暗っていうのはもうわかってもらったと思うんで、次はもう少し明るめな曲調にしたいなって。


——最後に、改めて、Charlieの今後の活動プランを教えてください。


PES:基本的には楽曲制作を続けていって、夏頃までにはアルバムを出したいなって思ってます。それを出してからライブは考えるっていう感じですかね。


——その先には、Charlieとしてのプロデュースワークも考えてると。


PES:もちろん。誰かゲストを入れたり、他のアーティストのプロデュースもしていきたいです。でも、まずは制作ですね。とりあえず「こういうこと始めました」っていうことだけで、ここまで来てるんで。


——今は「Charlie始めました」っていう暖簾を出しただけっていう感じですもんね。


PES:そう。暖簾を出して品書きに1食しかない感じだから、まずはメニューを増やしていかないと。普通はメニューがある状態で店を始めると思うんですけどね(笑)。だから、本当ここから。IMAからなんですよ。    

  • Home
  • About
  • Blog